English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

学部・大学院

人間・ロボット共生コース

人間・ロボット共生コース

人間・コンピュータ・情報システムの調和を図り人間・ロボット共生社会を実現

人間が安全・安心・快適・便利に生活するための社会システムの実現を目指し、 今後ますます重要となるロボットを開発するためのシステム化技術ならびに 人間とロボットが共生する社会を実現するためのさまざまな要素技術を広く教育・研究します。

深刻な少子高齢化社会を迎える我が国では、労働者人口の激減や高齢者支援に対応するため、人間社会のあらゆる場面でロボットが活躍する時代がもうすぐ到来します。本コースではこのような「人間・ロボット共生社会」の到来を念頭に、家庭・介護福祉施設・病院・オフィス・工場等で活躍するさまざまなロボットを開発するためのシステム化技術と、それらの基礎学問であるメカトロニクス・制御工学・ロボティクス・プログラミング・数理科学等に関する教育・研究を行います。ロボットを教材にソフトとハードの両方を修得することができ、自動車・家電・機械・IT・ネットワーク機器等のメーカーをはじめ、さまざまな情報技術業界で即戦力として活躍可能なエンジニアを育てます。

<!–

研究室、研究テーマ

メカトロニクス

情報、機械、電気・電子の融合により生まれるインフォメカトロ工学に関する研究開発を行っています。具体的には、電気自動車、電動車いす、飛行ロボットなとに視覚機能を持たせる研究、筋肉運動の解析と機械システムヘの応用、福祉機器への応用を目的としたフルードパワーシステムの開発などを行っています。


知的制御システム

制御と生体計測をキーワードに、自動車の全自動後退駐車システム、視線情報を用いた安全運転支援システム、ドライバーの運動訓練システム、救急車で傷病者を迅速かつ安全に搬送するための総合システムなど、人と環境に優しいシステムの研究・ 開発に取り組んでいます。


ロボティクス

人間とロポットが共生する社会の到来に向け、生活・介護支援ロポットのための移動制御技術・動作教示技術・環境知能化技術・通信技術等を主に研究しています。また、風を用いた非接触物体操作技術やヒューマノイドロボットを用いたプレゼンテーションシステム等の応用研究も進めています。


数理科学

高速コンピュータ計算を用いた数値解析学、自然現象に関する確率過程論、代数方程式を満たす点の作る図形(台数多様体)を研究する代数幾何学など、各教員が個々の分野の研究に取り組んでいます。

–>

研究紹介

実世界クリッカー

体の不自由な被介護者が周りの実物体操作に関する意思を簡単かつ正確に介護支援ロボットに伝達するための介護支援システムです。実世界にある物体を、パソコン内のアイコンと同様に、クリックやドラッグ&ドロップすることでロボットに簡単かつ正確に指示を出すことができます。

教員一覧

人間・ロボット共生コース
教員名 専門分野
教授(副学部長) 李 仕剛 ロボットビジョン
准教授 小嵜貴弘 制御工学
助教 小作敏晴 機械工学
助教 厚海慶太 計測制御工学
教授 小林康秀 システム制御工学
准教授 小野貴彦 制御工学
人間工学
助教 齊藤充行 最適制御工学
助教 脇田 航 バーチャルリアリティ
教授 岩城 敏 ロボティクス
講師 池田徹志 知能ロボティクス
助教 高井博之 メカトロニクス
インタフェース
教授 田中輝雄 確率過程
講師 廣門正行 代数幾何学
講師 岡山友昭 数値解析

トップへ戻る