English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

キャンパスライフ

奨学金

日本学生支援機構奨学金等について

日本学生支援機構奨学金について

日本学生支援機構奨学金は「第一種奨学金(無利子貸与)」と、「第二種奨学金(有利子貸与)」があります。

  1. 1.出願資格

    大学及び大学院生で、学業・人物ともに優れ、経済的理由により著しく就学困難と認められる者。

  2. 2.奨学金の種別、貸与月額(平成27年度)
    種別 月額貸与
    自宅 自宅外
    学部 第一種奨学金 3万円、4万5千円 3万円、5万1千円
    第二種奨学金 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円
    大学院 博士前期課程 第一種奨学金 5万円、8万8千円
    第二種奨学金 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円
    博士後期課程 第一種奨学金 8万円、12万2千円
    第二種奨学金 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円

    ※原則、申請募集時期は4月のみですが、臨時募集を行う場合があります。また、家計の急変(主たる家計支持者が失職、破産、事故、病気若しくは死亡等又は火災、風水害等の災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合は、随時募集を行っていますので、希望者は、学生支援室へ問い合わせてください。

  3. 3.出願

    独立行政法人日本学生支援機構の推薦依頼があり次第、説明会を実施します。
    その後、希望者は、出願書類を所定の期日までに学生支援室へ提出し、提示されるパスワードによりインターネットで出願してください。(出願書類は、学生支援室で配布します。)

  4. 4.奨学金の交付

    日本学生支援機構の奨学生は、毎年、奨学金継続願を提出する必要があります。大学で審査を行い、適格と認定した場合に貸与が継続されます。
    「継続願」(用紙)の配布については、毎年12月頃掲示により連絡します。提出を怠ると奨学金の貸与が打ち切られますので、注意してください。

  5. 5.返還の義務

    奨学金は貸与されるものですから、必ず返還しなければなりません。

  6. 6.在学届

    新入学生で、高等学校又は他大学で過去に日本学生支援機構(日本育英会)の奨学生であった者は、本学在学中の返還を猶予してもらうための手続が必要です。
    必ず、入学後速やかに「在学届」を学生支援室に提出してください。

特に優れた業績による返還免除

大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構が認定した場合には、貸与期間終了時に奨学金の全部または一部の返還が免除されます。

平成28年度「特に優れた業績による返還免除」申請についてPDF 業績優秀者返還免除申請書Excel 業績優秀者返還免除申請書添付資料一覧(情報科学研究科用)Excel ・業績優秀者返還免除申請書添付資料一覧(芸術学研究科用)Excel ・添付資料Excel ・成績証明書交付申請書Word記入例:添付資料一覧PDF 添付資料PDF提出書類についてPDF

地方公共団体及び民間奨学団体の奨学金

本学には、日本学生支援機構の奨学金以外に、地方公共団体奨学金及び民間企業等の出資による民間団体奨学金などの多様な奨学金制度があります。
募集等の条件は、団体により種々異なり、大学を通して募集するものと、市町村等の奨学制度で直接募集するものとがあります。
大学を通して募集があった場合は、その都度掲示によりお知らせしますので、学生支援室に申し出て出願手続きをとってください。

お問い合わせ先

広島市立大学事務局
学生支援室学生支援グループ
電話(082)830-1522
FAX(082)830-1529
E-mail:gakusei&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

トップへ戻る