English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

産学連携・地域連携

産学連携教育がスタートしました!

企業・自治体様等に大学で講義を受け持っていただき、地域社会や地域産業界に根ざした人材を育成する「産学連携教育」が情報科学部でスタートしました!

2022年度の応募に対して延べ26社に授業提案を行っていただきました。
特に、その内の8社から授業提案を行っていただいた「課題解決型演習(タイプB)」(2年次通年)と「システム開発実践(タイプC)」(3年次通年)については、情報科学部2年生・3年生の延べ140名の履修希望があり、一部履修制限せざるを得ない人気の高い科目となりました。
企業・自治体様に魅力ある提案をしていただいたおかげです。
多くの学生が提案企業・自治体様との接点を通して学ぶ機会を頂けました。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

「課題解決型演習」2022年度 実習先とテーマ一覧(順不同):
・マイクロンメモリジャパン合同会社 「半導体メモリ生産におけるBig Dataの活用」
・西日本電信電話(株) 中国支社 「地域のお客様と共創する新たな価値創造ソリューション」
・(株) e-Front 「身近な困りごとをビジネスで解決する課題解決型人材育成のワークショップ」
・広島県 商工労局イノベーション推進チーム 「J リーグの観客動員数の予測を中心テーマとしたAI・データ分析」

「システム開発実践」2022年度 実習先とテーマ一覧(順不同):
・(株)ドリーム・アーツ 「大企業の業務改革を推進する自社プロダクト開発」
・(株)インターロジック 「企業のウェブマーケティング代行に伴うDX化支援の実践」
・(株)インタフェース 「社会インフラを支えるIoTシステム開発」
・(株)ヒロテック 「IoTプラットフォームを使用した自社オンプレサーバー上でのソフトウェア開発」
・(株)ヒューマンシステム 「勤怠管理システム開発or 社内SNS 開発プロジェクト」
・(株)イーグリッド 「(1)IoT 技術を用いた課題解決ツールの開発(通常) (2)プロダクトのプロトタイプ開発」
・(株)日本ハイソフト 「地域課題を解決するアプリのプロトタイプを企画・設計」

後期にはタイプAである「実践的ICT活用事例」が開講されます。
また、現在、大学院生を対象とした産学連携教育「プロジェクト演習」の課題提案受付を行っていますので、ぜひご協力ください。

本学が実施している産学連携教育が、実習先のウェブサイトで紹介されています!
<「実習先/テーマ」をクリックしてご覧ください。>

広島県 商工労局イノベーション推進チーム/J リーグの観客動員数の予測を中心テーマとしたAI・データ分析

お問い合わせ

広島市立大学 社会連携センター
TEL:082-830-1764
FAX:082-830-1555
E-mail:sangaku-edum.hiroshima-cu.ac.jp
(E-mailを送付するときは、&を@に置き換えてください。)

トップへ戻る