English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

お知らせ(在学生・保護者の方へ)

【学生のみなさんへ】新型コロナウイルス感染症への対応について(8月27日更新)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、以下に留意し、適切に対応してください。

【ページ内リンク】

【外部リンク】


【1】すべてのみなさんへ

(A)基本的な感染症対策を徹底してください。

  • 咳エチケット:咳やくしゃみをする際は、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖(手のひらではない)を使って、口や鼻を押さえましょう。
  • こまめな手洗い:外出後は手洗いを日常的に行いましょう。正しい手洗いの習慣を身につけましょう。
  • 普段の健康管理:普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。
  • 適度な湿度を保つ:空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。

<関連情報へのリンク>


(B)健康状況と行動歴の記録をしてください。【全学生継続実施】

次の目的で各自が健康状況や行動歴を記録するため、健康観察記録シートを作成しました。
  • 自分自身で新型コロナウイルス感染の兆しの有無を確認する
  • 自分自身が感染したことが判明した場合や、濃厚接触者であると判明した場合に、症状や行動の履歴が確認できるようにする
<ダウンロード> 健康観察記録シートに健康観察と行動歴の記録を継続的に行ってください。
プライベートな内容を含む記録であるため、一律に提出を求めるものではありませんが、新型コロナウイルスに感染したことが判明した場合や、感染者との濃厚接触者であると判明した場合には、保健所等の求めに応じて情報が提供できるように、確実に記録をしてください。
別のノート等に健康観察記録シートと同様の記録記録が残せるのであれば、このシートを使わなくても構いません。

(C) 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

次のいずれかに該当する人は、帰国者・接触者相談センター等、新型コロナウイルスに係る相談窓口に連絡してその指示に従うとともに、状況を広島市立大学の学生支援室に連絡してください。
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

<相談窓口情報へのリンク>

<広島市立大学学生支援室連絡先>
 Email gakusei@m.hiroshima-cu.ac.jp
 TEL 082-830-1522 / FAX 082-830-1529

 

(D) 困難な状況におかれている学生等が利用可能な主な制度等

文部科学省が作成した、学生等が活用できる、幅広い支援策や、問合せ先等の資料を紹介します。

 

【2】海外から帰国・入国する(した)人へ

外務省海外安全ホームページのトップページに掲載されている、
△新型コロナウィルス感染症に関する緊急情報
 【新型コロナウイルス感染症に関する重要なお知らせ】
  ◆日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置
を参照して、記載内容に従って対応してください。

<参照先リンク>

 

【3】海外への渡航は延期又は中止してください

外務省海外安全ホームページのトップページに掲載されている、
△新型コロナウィルス感染症に関する緊急情報
 【新型コロナウイルス感染症に関する重要なお知らせ】
  ◆各国に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げ又は維持)(2020年○月○日更新)
を参照して、大学の学修に関する渡航だけでなく、私的な旅行も含めて、危険情報のレベルが下がるまでは海外渡航を延期又は中止してください。
なお、海外留学についての実施・中止等の判断基準については、下表を参照してください。感染症危険情報が発出された場合にも、同様の対応とします。

<参照先リンク>

<海外留学の実施、中止、延期、継続、途中帰国の判断基準>

外務省海外安全ホームページによる危険情報 本学における対応
レベル1:十分注意してください。 海外留学のため渡航する場合や、留学中で滞在を継続する場合は、十分な注意を払う。
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。 原則として海外留学のため渡航することは延期又は中止し、留学中で滞在を継続する場合は、特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとる。
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告) 海外留学のため渡航することは中止し、留学中の場合は途中帰国させる。
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告) 海外留学のため渡航することは中止し、留学中の場合は直ちに帰国させる。

<広島市立大学学生支援室連絡先>
 Email gakusei@m.hiroshima-cu.ac.jp
 TEL 082-830-1522 / FAX 082-830-1529

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る