English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

キャンパスライフ

学生表彰制度(募集案内含む)

広島市立大学では、
・学術研究活動において、特に顕著な業績を挙げたと認められるもの
・課外活動において、特に優秀な成績をおさめ、課外活動の振興に功績があったと認められるもの
・社会活動において、特に顕著な功績を残し、社会的に高い評価を受けたと認められるもの
など活躍した学生や学生団体に対して、学生表彰(学長賞・学長奨励賞・学生顕彰)を行っています。
表彰の決定は、学生または教職員からの推薦に基づき、教育研究評議会の議を経て学長が行います。
推薦は公募し、ウェブサイトにより周知します。

平成30年度下半期学生表彰候補者募集中です。  
応募締切は平成30年12月25日(火)です。

1 【募集案内】 PDF版

2 【広島市市立大学学生表彰規程】:PDF版

3 【広島市市立大学学生表彰取扱基準】:PDF版

4 【学生表彰受賞者一覧(平成20年度~平成29年度)】:PDF版

5 【推薦書様式】:Word版

学生表彰受賞者

平成29年度の学生表彰受賞者は次のとおりです。
なお、学年は受賞時当時の学年です。

●平成29年度学長奨励賞受賞者
上村 譲史 情報科学研究科
知能工学専攻2年
感情情報処理に関する国際ワークショップ「The Second Workshop on Processing Emotions, Decisions and Opinions (EDO 2017) at 8th Language & Technology Conference」において、最優秀論文賞(Best Paper Award)を受賞した。
大庭 孝文 芸術学研究科
総合造形芸術専攻3年
日本画の公募団体「創画展」で奨励賞を受賞した。創画展は全国規模の日本画公募団体展で、学生での受賞は稀であり、作品の質の高さが評価された。
また、2016~2017年「若手新進芸術家育成交流展」では、各美術系大学から推薦された118名の中から17名の優秀作品賞に選ばれた。
さらに受賞者から選出される「新進芸術家選抜展FAUSS」の7名にも選ばれている。若手育成事業として国内の芸術系大学が参加したこの展覧会での受賞は、本学の芸術学部の評価にも大きく貢献している。
松本 千里 芸術学部
デザイン工芸学科4年
「Tokyo Midtown Award2017(第10回)」(東京ミッドタウン)アート部門において、327件の中の6点に選ばれ、優秀賞を獲得した。
また、「第5回広島新県美展」(広島県立美術館)では、工芸部門において優秀賞を受賞し、広島県立美術館と他8カ所の巡回展で展示された。
京都から日本の工芸界を見据えるために開催された「次世代工芸展」(京都市美術館)では、AI KOWADA賞(大賞)を受賞した。
さらに、マツダ・広島市立大学共創ゼミ「作品審査~次世代マツダデザインへ向けての仕込み」においても優秀作品に選出された。
その他、旧日本銀行広島支店、大阪、SUNABAギャラリーでの企画展に選抜されるなど4年生でありながら新鋭作家として各分野及び各地域から高い評価を得て、数々の業績を挙げている。

●平成29年度学生顕彰受賞者
向地 由 国際学部
国際学科4年
官民協働海外留学支援制度(トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム)に採択され、平成28年4月から平成29年1月までルワンダ・プロテスタント人文社会科学大学に留学し、留学先の大学で「ヒロシマセミナー」を開催し、ヒロシマの歴史や直面する記憶の継承について発表し、先方の大学関係者・学生と意見交換を実施した。
また、広島のNGOと連携し、ヒロシマに関する絵本や資料を先方の大学に寄贈した。
谷 隆磨 情報科学研究科
情報工学専攻2年
国際会議 The 16th International Workshop on Assurance in Distributed Systems and Networks (ADSN 2017) において、投稿論文が採択されたことに加え、全国的な学会である電子情報通信学会のネットワークソフトウェア研究会にて、学術研究活動に対する賞を続けて受賞している。
但馬 敦 芸術学研究科
造形芸術専攻1年
金属工芸公募展「いまからまめさら2017」展にて85名の応募者(出展総数:約100点)の中から最高賞の山中源兵衛賞を受賞した。
第16回西風新都駅伝大会実行委員会代表
実行委員長
梶田 綺女
芸術学部
美術学科油絵専攻4年
第16回西風新都駅伝大会実行委員会は、本学のトライアスロン部が中心となり、大学構内及び周辺において駅伝大会を主催することにより、大学と地域との連携、相互理解に努め、大会を成功に導いた。
これまで参加された市民の方々から高い評価を受けており、今後も継続的に本学と地域の懸け橋としての活動、相互理解の発展に寄与するものと見込まれる。
また、新しくロゴマーク・マスコットキャラクター・表彰台の制作・SNSを活用するなど、老若男女を問わず親しまれる大会にすることに尽力した。

学生表彰について、ご不明な点がありましたら下記まで連絡してください。

お問い合わせ先

広島市立大学事務局
学生支援室学生支援グループ
TEL:(082)830-1522
FAX:(082)830-1529
E-mail:gakusei&m.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付するときは、&を@に置き換えて利用してください。)

トップへ戻る