English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

お知らせ

2021年度後期の授業実施方針等について(8月31日更新)

2021年8月31日

 

学生の皆さんへ

 

広島市立大学 学長 若林 真一

 

2021年度後期の授業実施方針等について

 

 広島県に緊急事態措置が出されるなど新型コロナウイルス感染症拡大は予断を許さない状況ですが、感染拡大防止を徹底しつつ、次を後期の授業実施方針等として、教育活動に取り組んでいきます。

 感染拡大防止の取組と同時に、授業をはじめ充実した大学生活を送るよう取組をお願いします。

 なお、現在の緊急事態措置実施期間(9月12日まで)以降について、あるいは、後期の中途において、国・県等から新たな感染拡大防止の対処方針等が示された場合は、必要に応じて授業実施方針等を見直すことがあります。

 

1 基本的な方針・目標について

  広島県や国(文部科学省)の対処方針等に沿って感染対策を徹底しつつ、学生同士の交流の機会の確保を含
 め、大学における教育活動の効果が最大限に発揮されるよう取り組むことを基本的な方針・目標とする。

 

2 後期の授業実施方針について

 ⑴ 学部生を対象とする授業

   現下の緊急事態措置に係る広島県や国(文部科学省)の対処方針において、対面式授業の実施を前提とし
  ているものであること、また、経験知としても、基本的な感染防止対策(マスク着用、ソーシャルディスタ
  ンスの確保、換気等)をしている中での対面式授業においては、ほぼ感染することはないと考えられるこ
  と、加えて、高い感染予防効果が確認されているワクチン接種が進みつつあることを踏まえ、次を授業実施
  の基本方針とする。

  ① 2020年度以前3年間の履修者数データに基づき、講義室内のソーシャルディスタンス確保が難しい
   講義(座学)科目(講義室収容定員の5割超の履修者数が見込まれる場合)についてはオンライン授業と
   し、これ以外の講義(座学)科目は対面式授業とすることを基本とする。なお、履修者数が確定した後、
   必要が生じたときは、授業形態を見直す場合がある。

  ② 演習・実習・実験・実技科目については、基本的な感染防止対策を徹底した上で、対面式授業とするこ
   とを基本とし、必要に応じて、感染防止と教育効果を上げることを目標として、オンライン授業を取り入
   れるものとする。

  ③ 学生本人に基礎疾患がある等の理由により、対面式授業への参加が困難な場合は、個別に対応するもの
   とする。

 ⑵ 大学院生を対象とする授業

   1の基本的な方針・目標の下、授業ごとに対応するものとする。 

 

3 履修登録等について

  履修登録等については、次のスケジュールで準備を進めている。

  9月24日(金) 授業実施方法・ツールをウェブサイトに公開。

  9月27日(月) 履修登録の開始。

  10月1日(金) 授業開始。

 

4 感染防止対策の徹底について

 ⑴ 対面式授業

   対面式授業においては、あらためて、次の感染防止対策を徹底する。

  ① 受講者数は、講義室収容定員の半数以下を目安とし、座席の間隔を空けソーシャルディスタンスを確保
   する。

    演習・実習・実験・実技科目で座席間隔の確保が難しい場合、近い距離でいる時間を短くするなど、感
   染防止対策をより徹底する。

  ② 学生・教員共に常にマスクを正しく着用する。

  ③ 授業の前後の手洗い・アルコール消毒を徹底する。

  ④ 出入口ドアを開放するなど教室の換気を徹底する。

 ⑵ 食堂の密回避

   食堂利用の入替え制、及びこれに伴う授業時間変更(昼食時間の延長)を継続する。

 ⑶ 後期授業開始当初の感染防止対策の徹底の要請、及び帰省先から帰広した学生への要請

  ① 人と人との交流が活発になる後期授業開始当初の感染リスクを低減するため、基本的な感染防止対策を
   より一層徹底するなど「感染するリスク・させるリスク」を考慮した行動を要請する。

  ② あわせて、帰省先から帰広する学生については、帰広前または帰広後のPCR検査の積極的に受検する
   こと、及び帰広後2週間程度外出を抑制することを要請する。

 

  
  ③ 高い感染予防効果が確認されているワクチン接種について、積極的に検討するよう推奨する(強制する
   ものではない。)。

トップへ戻る