English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

お知らせ

広島県の新型コロナ感染防止のための早期集中対策について(8月2日更新)

2021年8月2日

 

学生・教職員の皆さんへ

 

理事長・学長 若林 真一

 

広島県の新型コロナ感染防止のための早期集中対策について

 

 首都圏や関西圏において感染防止に歯止めがかからない状況となっていることから、広島県においては、大都市圏における感染拡大の数週間後に感染拡大の傾向にあることや、夏休み・お盆など人の移動が活発化することを踏まえ、7月31日(土)から9月12日(日)までを早期集中対策期間として、早い段階で集中的な感染防止対策に取り組むこととされ、県内各大学等に感染拡大防止を徹底するよう依頼がありました。

 本学において、これまで通知した基本的方針を変更するものではありませんが、感染拡大状況は予断を許さない状況であり、あらためて、特に次により、危機感を持って感染拡大防止に取り組むようお願いします。

 

1 帰省・旅行(国内)について

 夏季休業期間等を利用しての帰省・旅行(国内)は、最大限の感染防止対策を講じて行うこと。

 また、特に、緊急事態措置やまん延防止等重点措置が出されている地域との往来は、最大限、自粛すること。また、広島県内の集中対策重点地域(広島市・三原市・廿日市市)との往来についても、慎重に判断すること。

2 教職員の勤務・国内出張について

 引き続き、職場や通勤中の感染拡大防止のため、学外勤務(自宅勤務)等に取り組むこと。また、国内出張についても、引き続き、自粛し、特に緊急事態措置やまん延防止等重点措置が出されている地域等への出張は、最大限、自粛すること。

3 行事・イベント等の実施について

 対面式や集合型の行事・イベント等は、最大限の感染防止対策(参加者の把握を含む。)を講じた上で実施すること。当面、学外の者が参加し、又は学外において、対面式や集合型の行事・イベント等を実施する場合は、事前に執行部と協議すること。

4 クラブ・サークル活動について

 集合して行うクラブ・サークル活動は、最大限の感染防止対策(参加者・活動の記録を含む。)を講じた上で実施する。

 なお、県外で活動する場合は、事前に承認を得た上で行うこと。

5 「感染しない・させない」行動等の要請

⑴ マスク着用・3密回避などの基本的な感染防止対策を徹底すること。

  特に、会食の際は、マスク会食をするなど、感染防止対策を徹底すること。

⑵ 万一、感染した場合又は濃厚接触者となった場合は、夏季休業期間中であっても、心と身体の相談
  センターへ連絡すること。

 

トップへ戻る