English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

イベント情報

[11月28日 ~ 12月4日 開催] 芸術学研究科に在籍する大学院生による「災禍とモノと物語り展」


ポスター

 「災禍とモノと物語り展」実行委員会は、2019年11月28日から12月4日まで、広島市立大学芸術資料館にて「災禍とモノと物語り展」を開催します。この展覧会は、広島市立大学大学院芸術学研究科の学生、細萱航平のキュレーションによるもので、エリン・オハラ・スラヴィック、小森はるか+瀬尾夏美、竹内公太、東北大学総合学術博物館の4組を招聘しておのおののプロジェクトを展示します。これらのプロジェクトでは、石碑や震災遺構、地域に愛された巨石や、被災・被爆遺物といった、災禍に関わる「モノ」が対象とされています。
 東日本大震災から8年以上の月日が流れ、被災した各地では震災遺構やモニュメントといった「モノ」の整備が進められています。中には奇跡の一本松やリアス・アーク美術館における被災物の展示など、従来とは異なるようなモニュメント性のある「モノ」のあり方が見られるようになりました。東日本大震災は災禍における「モノ」のあり方についても変化を迫ったといえます。
 なぜ、そのような変化は起きたのでしょうか。そして、そもそも「モノ」を通じて災禍の記憶の継承がされるとはどういうことなのでしょうか。今も災禍の記憶の継承に取り組む広島において、これらの問いを再考するような機会として本展覧会を開催します。

会 期:2019年11月28日 木曜日  ~ 12月4日 水曜日
時 間:11:00 ~ 18:00  (28日のみ19:30まで)
会 場:芸術資料館5階展示室  入場無料

シンポジウム  2019年1128 木曜日  18:0019:30
会 場:芸術資料館5階展示室 入場無料
登壇者:鹿納晴尚(東北大学総合学術博物館技術職員)
  
  瀬尾夏美(アーティスト)
 
   細萱航平(本展覧会キュレーター、本学博士後期課程在籍)


■出品者と出品プロジェクト

エリン・オハラ・スラヴィック:
 『Girl’s Shoe Found on the Beach in Iwaki, Fukushima, Japan』2015 、
『Cyanotypes of After Hiroshima』2008-2011

小森はるか+瀬尾夏美: 『あたらしい地面/地底のうたを聴く』 2015

竹内公太:『ブックマーク』2013-2015、『石碑を二度撮る』2013-2016

東北大学総合学術博物館:
 『東日本大震災遺構3次元クラウドデータアーカイブ構築公開事業』2013-2019

            *予告なく展示作品が変更になる場合があります。


【主  催】
「災禍とモノと物語り展」実行委員会
【協  力】 広島市立大学芸術学部彫刻研究室、東北大学総合学術博物館、広島市立大学芸術資料館
【お問い合わせ】 芸術資料館  Tel:083-830-1821
         芸術学部分室 Tel:082-830-1507 Fax:082-830-1658
         

トップへ戻る