English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

在学生・保護者の方へ

在学生・保護者の方へ

「自然災害や交通機関の運休時における授業の取扱い」を改定しましたのでお知らせします。
1 主な改定内容
  「授業の実施が困難な場合の判断基準」に「暴風雨などの自然災害やストライキ等により、JR山陽本線において広島駅又は横川駅を含む区間が運行停止となった場合」を加えました。

2 新旧対照表
改正前 改正後
自然災害や交通機関の運休時の授業

暴風雨などの自然災害やストライキ等によって公共交通機関の運行に支障が生じたり、そのおそれがある場合は状況に応じて授業を休講とする場合があります。その取扱いは次のとおりとします。

1 授業の実施が困難な場合の判断基準

 (1) 広島地方気象台から広島市に暴風警報、暴風雪警報又は気象等に関する特別警報のいずれかが発表された場合

 (2) 暴風雨などの自然災害やストライキ等により、アストラムライン及び高速4号線を通過する広島電鉄バスの双方が全面的に運行停止となった場合



2 休講等の取扱い

 (1) 授業開始後に上記1のいずれかの事由が発生した場合は、その後に開始される授業を休講にします。

 (2) 授業開始前に上記1のいずれかの事由が発生している場合は、発生した時間により次のとおり休講とします。

  ○ 午前7時の段階で上記1の事由が発生している場合は、午前中の授業は休講

  ○ 午前10時の段階で上記1の事由が継続している場合は午後の授業もすべて休講

3 避難情報の「警戒レベル」について

  災害が発生し、または発生する恐れがある場合に、自治体から発令される避難情報の「警戒レベル」は、休講の判断基準となりませんが、本学・自分の居住地域・通学途上の地域に『避難勧告』(警戒レベル4)以上が発令されている場合は、自分や家族の身の安全を最優先に考え、授業に出席するか欠席するかを判断してください。

  欠席しても、「欠席扱い」とはなりませんので、後日、担当教員に事情説明を行い、授業の指示を仰いでください。(定期試験の場合は、1週間以内に「追試験受験願」を教務グループに提出してください。)

  なお、本学は安佐南区の「緊急避難場所」に指定されています。

4 その他

  上記1の判断基準に該当しない自然災害(地震など)及びそれに伴う公共交通機関の運行停止などが発生した場合の休講等についてはその都度お知らせします。
自然災害や交通機関の運休時の授業

暴風雨などの自然災害やストライキ等によって公共交通機関の運行に支障が生じたり、そのおそれがある場合は状況に応じて授業を休講とする場合があります。その取扱いは次のとおりとします。

1 授業の実施が困難な場合の判断基準

 (1) 広島地方気象台から広島市に暴風警報、暴風雪警報又は気象等に関する特別警報のいずれかが発表された場合

 (2) 暴風雨などの自然災害やストライキ等により、ア又はイが発生した場合

ア アストラムライン及び高速4号線を通過する広島電鉄バスの双方が全面的に運行停止

イ JR山陽本線において広島駅又は横川駅を含む区間が運行停止

 2 休講等の取扱い

 (1) 授業開始後に上記1のいずれかの事由が発生した場合は、その後に開始される授業を休講にします。

 (2) 授業開始前に上記1のいずれかの事由が発生している場合は、発生した時間により次のとおり休講とします。

  ○ 午前7時の段階で上記1の事由が発生している場合は、午前中の授業は休講

  ○ 午前10時の段階で上記1の事由が継続している場合は午後の授業もすべて休講

3 避難情報の「警戒レベル」について

  災害が発生し、または発生する恐れがある場合に、自治体から発令される避難情報の「警戒レベル」は、休講の判断基準となりませんが、本学・自分の居住地域・通学途上の地域に『避難指示』(警戒レベル4)以上が発令されている場合は、自分や家族の身の安全を最優先に考え、授業に出席するか欠席するかを判断してください。

  欠席しても、「欠席扱い」とはなりませんので、後日、担当教員に事情説明を行い、授業の指示を仰いでください。(定期試験の場合は、1週間以内に「追試験受験願」を教務グループに提出してください。)

  なお、本学は安佐南区の「緊急避難場所」に指定されています。

4 その他

  上記1の判断基準に該当しない自然災害(地震など)及びそれに伴う公共交通機関の運行停止などが発生した場合の休講等についてはその都度お知らせします。
上記の内容は下記のリンクに掲載しています。

自然災害や交通機関の運休時における授業の取扱い

トップへ戻る