広島平和研究所

『広島平和研究所ブックレット』

 

第2巻 「ふたつの世界大戦と現代世界」

2015年12月11日 印刷冊子版を発行 しました

 

ISSN: 2189-9657

 

 

(PDFファイルになっていますので、ご覧になる際はAdobe社のAcrobat Readerをダウンロードしてください。)

 

目次 Table of Contents

 

巻頭言 (河上 暁弘)3

第I部  第一次世界大戦開戦百周年――現代の平和を考えるために
 第1章 第一次世界大戦とは何であったのか (吉川 元) 7
 第2章 不戦条約と日本国憲法第九条 (河上 暁弘) 33
 第3章 第一次世界大戦後のドイツの平和運動 (竹本 真希子) 69

 第4章 第一次世界大戦をどう伝えるか (剣持 久木) 92


第II部 第二次世界大戦――日本を中心に
 第1章 第二次世界大戦とは何であったのか (吉川 元) 123
 第2章 日独伊枢軸と敗戦そして新憲法 (石田 憲) 153 

   第3章 他者の戦争経験へのまなざし (永井 均)186
 第4章 サンフランシスコ平和条約と戦後処理 (内海 愛子) 218

   第5章 日本における戦時核開発と原爆投下の衝撃 (山崎 正勝) 251

 

[ Adobe Acrobat Reader ダウンロード ]