広島平和研究所

2016年 ヒロシマ平和セミナー2016

 

ヒロシマ平和セミナー2016

『平和創造の手法と平和の課題』

 

広島平和研究所では、平和研究および国際関係研究に関心のある大学院生、公務員、メディア関係者を対象とした3日間の夏季集中講座「ヒロシマ平和セミナー2016」を下記のとおり実施しました。

 

   

 

日程 2016年8月26日(金)、27日(土)、28日(日)
会場 広島市立大学サテライトキャンパス セミナールーム1

    (広島市中区大手町4-1-1  大手町平和ビル9階)

 

■主催 広島市立大学
■後援 (公財)広島平和文化センター

 

プログラム

8月26日(金)

特別講義

13:20-14:40   「安保法制が突きつけた日本人の”戦争”への誤解」 東京外国語大学教授 伊勢崎賢治

 

I)広島・福島の被ばくの実相

14:50-16:10 「ヒロシマから福島へ、そして広島へ」 放射線影響研究所理事長 丹羽太貫

16:20-17:40 「核兵器の現状と被爆体験」 広島市立大学教授 水本和実

 

8月27日(土)

II) 平和への脅威と平和創造の手法

09:30-10:50 「国際協力と平和」 東京大学教授 田中明彦

11:00-12:20 「民族問題と平和」 広島市立大学教授 吉川元

13:20-14:40 「日韓関係の現状と課題」 神戸大学教授 木村幹

14:50-16:10 「日本の安全保障と国際安全保障」 東京大学教授 石田淳

特別講義

16:20-16-50    「北東アジア平和協力構想(NAPCI)と日韓関係の展望と課題」 韓国世宗研究所所長 陳昌洙

 

8月28日(日)

III) 国連の平和と多国間主義アプローチの展望

09:30-10:50 「東アジア共同体と日中韓関係」 早稲田大学教授 李鍾元

11:00-12:20 「北朝鮮の核開発と国連制裁」 京都大学教授 浅田正彦

13:20-14:40 「国連平和に対する権利宣言案について考える」 同志社大学教授 坂元茂樹