広島平和研究所

ヒロシマ平和セミナー2018

広島平和研究所開設20周年記念事業

ヒロシマ平和セミナー2018

『平和と戦争(紛争)を考える視座』

 

広島平和研究所では、開設20周年記念事業として、平和研究及び国際関係研究に関心のある大学生、大学院生、公務員、メディア関係者を対象とした2日間の夏季集中講義「ヒロシマ平和セミナー2018」を下記のとおり実施しました。

               

   
   

   

日程 2018年8月24日(金)~25日(土)
会場 広島市立大学サテライトキャンパス セミナールーム

■主催 公立大学法人広島市立大学
■後援 (公財)広島平和文化センター

 

プログラム

8月24日(金)
13:00-13:10 開会

【第I部 歴史と社会】

13:10-14:05   「原爆体験と戦後日本」 広島市立大学広島平和研究所教授 直野章子

14:10-15:05 “Beyond Hiroshima and Nagasaki: The History of 2,000 Nuclear Weapon Tests and Global Hibakusha”  Robert Jacobs, Professor, Hiroshima Peace Institute, Hiroshima City University

15:05-15:15 休憩

15:15-16:10 「ドイツの平和運動史と日本」 広島市立大学広島平和研究所准教授 竹本真希子

16:15-17:10 「戦争と責任をめぐる省察―東京裁判を素材として」 広島市立大学広島平和研究所教授 永井均

17:15-18:10 「平和友好条約締結40年の日中関係」 広島市立大学広島平和研究所准教授 徐顕芬

 

8月25日(土)

【第II部 法と政治】

09:00-09:55 「朝鮮半島の非核化への道筋」 広島市立大学広島平和研究所准教授 孫賢鎮

10:00-10:55 〝Conflict and Cooperation in Southeast Asia”  Narayanan Ganesan, Professor, Hiroshima Peace Institute, Hiroshima City University

11:00-11:55 「変動する国際秩序と主権国家―ポスト・ソ連諸国を題材に」 広島市立大学広島平和研究所教授 湯浅剛

12:00-13:00 昼休憩

13:00-13:55 「国際人道法の発展と核兵器禁止条約」 広島市立大学広島平和研究所准教授 福井康人

14:00-14:55 「国際社会における武力行使の国連による規制を考える―国際法の観点から」 広島市立大学広島平和研究所教授 佐藤哲夫

15:00-15:10  閉会