広島平和研究所

2016年11月2日(水)

埼玉県さいたま市・開智中学校3年生5名が来訪

 
開智中学校3年生5名が広島フィールドワークの一環として広島平和研究所を訪問しました。当研究所・所長の吉川教授が、質疑応答の形式で世界平和について中学生と討論しました。アメリカの原爆投下について、アメリカではどのように教えられているのか、平和とは何か、また世界各国の平和観がどのように異なっているのかについて興味深い質問がありました。後半の質問については深く議論する時間の余裕がなかったため、生徒たちの今後の課題として残されました。