広島平和研究所

2016年3月7日(月)

国際基督教大学ロータリー平和センターフェロー8名が来訪

 
国際基督教大学ロータリー平和センターのフェロー8名および教員・スタッフ2名が、広島市立大学サテライトキャンパスを訪れ、広島平和研究所のロバート・ジェイコブズ准教授との間で意見交換を行いました。広島・長崎への原爆投下の歴史と原爆投下に対する日米における認識の差について、また1945年以降の核開発および世界が直面する放射性物質の問題について活発な討議が交わされました。