広島平和研究所

2016年7月23日 国際シンポジウム

危機の東アジア――「核なき世界」に向けて

 

    

広島平和研究所では、2016年7月23日、中国新聞社ヒロシマ平和メディアセンター、長崎大学核兵器廃絶研究センターとの共催で、下記のとおり国際シンポジウムを開催しました。

 

日時 2016年7月23日(土)13:00~17:00 (開場12:30)
会場 広島国際会議場 地下2階 ヒマワリ

      (広島市中区中島町1番5号 平和記念公園内)

 

■主催 広島市立大学・中国新聞社・長崎大学核兵器廃絶研究センター
■後援 広島市・広島県・(公財)広島平和文化センター・(公財)ヒロシマ平和創造基金

    

    *シンポジウムの内容は、中国新聞掲載記事でもご覧いただけます。

   (『中国新聞』2016年8月1日付朝刊


■講演者・パネリスト・報告者(敬称略)
平岩 俊司(関西学院大学国際学部教授)
青山 瑠妙(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
白 鶴淳(韓国 / 世宗研究所副所長・北朝鮮研究センター長)
広瀬 訓(長崎大学核兵器廃絶研究センター副センター長・教授)
東海 右佐衛門直柄(中国新聞社論説委員)

■モデレーター
ナラヤナン・ガネサン(広島市立大学広島平和研究所教授)
湯浅 剛(広島市立大学広島平和研究所教授)