広島平和研究所

2015年7月20日 国際シンポジウム

被爆70年
――核兵器廃絶と被爆体験の継承を考える

 


広島平和研究所では、下記のとおり国際シンポジウムを開催しました。


日時 2015年7月20日(月・祝)13:00~17:00(開場12:30)
会場 広島国際会議場 地下2階 ヒマワリ

(広島市中区中島町1番5号 平和記念公園内)

■主催 広島市立大学・中国新聞社・長崎大学核兵器廃絶研究センター
■後援 広島市・広島県・(公財)広島平和文化センター・(公財)ヒロシマ平和創造基金

『中国新聞』2015年7月27日付朝刊




■講演者・パネリスト(敬称略)
黒澤 満(日本軍縮学会初代会長)
美甘 章子(US-Japan サイコロジカル・サービス院長)
川崎 哲(核兵器廃絶国際キャンペーン・国際運営委員)
田中 美千子(中国新聞社記者)& ジュニアライター(高校生)
中村 桂子(長崎大学核兵器廃絶研究センター准教授)& ナガサキ・ユース代表団メンバー(大学生)
桐谷 多恵子(広島市立大学広島平和研究所講師)

■モデレーター・報告者
水本 和実(広島市立大学広島平和研究所副所長・教授)