広島平和研究所

2002年8月3日 国際シンポジウム

原爆投下をめぐる「記憶」と「和解」
――平和構築における広島の新たな役割を探る

 


日時 2002年8月3日(土) 13:30~16:30
場所 広島国際会議場 地下2階 ヒマワリ
(広島市中区中島町1番5号 平和記念公園内)
主催 広島市立大学広島平和研究所
後援 (財)広島平和文化センター

■パネリスト
藤原 帰一(東京大学法学部教授)
ローランド・ティメルバエフ(ロシア 政策研究センター理事長)
マーティン・シャーウィン(米国 タフツ大学歴史学教授)
歩 平(中国 黒龍江省社会科学院副院長)
李 淑鍾(韓国 世宗研究所研究委員)
水本 和実(広島平和研究所助教授)

※シンポジウムの内容は報告書のPDFファイルでご覧いただけます。




[ Adobe Acrobat Reader ダウンロード ]