広島平和研究所

活動の基本方針

 

◇広島平和研究所は、広島市立大学の附置機関として、1998年(平成10年)4月1日に設立されました。
◇世界で最初の核兵器による被爆を体験した都市としての歴史を背景に、学術研究活動を通じて、核兵器の廃絶に向けての役割を担うとともに、地球社会が直面する諸問題の解決にも寄与し、世界平和の創造・維持と地域社会の発展に貢献する国際的な平和研究機関を目指します。

◇国内外における平和研究機関と積極的に連携してネットワークを構築することにより、平和研究の発展に寄与します。

◇学術研究の成果を社会に公開します。講演会、公開講座、シンポジウム、出版活動などを通じて、研究成果を積極的に還元します。