English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

国際交流・留学

派遣学生向けの奨学金について

平成30年度 派遣学生向けの奨学金について
 
※平成30年度4月時点での協定校への派遣学生向け奨学金・助成金は以下の2種のみ。
1. Erasmusプラス助成金 (ハノーバー専科大学への派遣学生のみ/情報科学と芸術の学部生、および院生)
2. JASSO奨学金 (芸術学部生、及び芸術学研究科の院生のみ)
3.その他の奨学金

各奨学金の詳細は以下の通り。

Erasmusプラス助成金(エラスムスプラス)
① 対象
 ハノーバー専科大学に派遣留学する学生(半年または約1年)で、情報科学と芸術の学部生、および院生
② 支給要件
 英語力またはドイツ語力がCEFRのB1レベル以上(芸術学部) または、B2レベル以上(情報科学部)
(英語力は、B1=英検2級レベル以上、B2=英検準1級以上)
(近い将来、芸術学部生もB1からB2に引き上げられる可能性も有)
③ 助成金の内容
 渡航費 一律1100€(約13万円) 毎月の支給額 一律800€(約10万円)
(ただし、日割り計算されるため、開始および終了月は減額の可能性有)
④ 支給される場合の必要手続(概要)
 ・事前のLearning Agreementの作成、署名、提出
 ・Grant Agreementへの署名、提出
 ・渡独後、ドイツにて銀行口座を開設、その情報を先方大学事務局に提供
 ・約1か月後に、銀行口座に70%分が入金
 ・最終月の前月(約3週間前)に、Online Surveyが届き、回答、提出(15日以内)。
 ・最終在籍日の最低2週間後に、残りの約30%分が入金
(銀行口座を閉鎖、帰国=帰国のタイミングにより手続き方法が異なる。)
⑤ 現在の残り枠
 ・2019年7月までに使用する枠=1名、10か月分のみ(9100€)
(場合によっては、1名に渡航費と5か月分、もう1名に5か月分のみを支給することも可。渡航費の分配は不可。)
⑥ 将来の助成金枠
 ・2019年夏以降の助成金については未定(2019年春頃判明する予定)

【関連リンク】

JASSO奨学金(日本学生支援機構の「海外留学支援制度」)
① 対象
 協定校へ派遣留学する芸術学部生(半年または1年)
② 支給要件
  全8つの条件があり、主な条件は成績基準。
 ・成績=前年度の成績係数が2.3以上の者。
(JASSOの成績係数は本学のGPA数値と異なる。不可の単位もゼロとして換算し、秀と優が同じ係数となるため、本学のGPA数値より若干下がる。)
③ 奨学金の内容
 ・毎月の支給額  月額6万円~8万円(渡航先の地域により異なる)。  
 例:8万円(ドイツ、フランス、カナダ)、7万円(韓国)、6万円(中国)
(最長12か月まで支給)
 ・渡航支援金(対象者のみ)  一律16万円
  ただし、厳しい家計基準の審査があり、その対象となる学生のみに支給される。
(概ね、家計支持者の年間所得が300万円以下の場合)
④ 支給される場合の必要手続(概要)
 ・事前=支給要件判定のための書類提出、および銀行口座の登録
 ・留学中=毎月の在籍確認、および月報の提出
 ・留学後=アンケートの提出
 ・単位互換作業後=先方大学での成績表、および本学における単位互換通知書の控えを提出
⑤ 現在の残り枠  
 ・4名   
 ※平成31年(2019)年3月までに留学を開始すること。   
⑥ 来年度以降の奨学金枠
 ・未定=毎年秋に次年度分を申請、翌年2月頃採択が判明する。

その他の奨学金
※直接申込みの奨学金の情報など
財団法人霞山会 中国・台湾への留学奨学金

【関連リンク】

 お問い合わせ先

広島市立大学
国際交流推進センター

電話(082)830-1784
FAX(082)830-1529
E-mail:iepc&m.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

トップへ戻る