情報科学研究科の教員らが「日本矯正歯科学会大会」で受賞

2016年11月7日(月)から 11月9日(水)まで、アスティとくしまで開催された「第75回日本矯正歯科学会大会」で、情報科学研究科の石光俊介教授と中山仁史助教が 「学術大会優秀発表賞」を受賞しました。

 

受賞題目:音声を用いた発音時舌位の新たな評価法の開発

 

 

ページの先頭へ戻る