情報科学研究科の馬場講師が「RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト」で受賞

2016年11月7日、情報科学研究科の馬場雅志講師が、ワンショットで360度の全天球イメージ・動画が撮影できるカメラ「RICOH THETA」 のアプリケーションまたはガジェットを開発するオープンコンテスト「RICOH THETA × IoTデベロッパーズコンテスト」で「80周年記念賞」 を受賞しました。

このコンテストは、(株)リコーが創業80周年記念の一環として開催したもので、今回は世界11の国と地域から54作品の応募がありました。

 

【作品名】Sun Light Estimator

【作品概要】IBL*用のHDR(High Dynamic Range)画像を、RICOH THETAを使って作成するアプリ

*IBL(Image-Based Lighting)とは:CGにおける画像を光源として利用するライティング手法のこと

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る