情報科学研究科の学生が「『センサ・マイクロマシンと応用システム』シンポジウム」で受賞

2016年10月24日(月)から26日(水)に平戸文化センターで開催された「第33回『センサ・マイクロマシンと応用システム』シンポジウム」において、情報科学研究科(博士前期課程)創造科学専攻2年の河岡秀宜さんが「奨励賞」を受賞しました。

 

受賞題目:心拍信号検出を目的とした温度補償機能付カテーテル型流量センサの開発

ページの先頭へ戻る