English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

お知らせ

芸術学部の野田准教授が「京都の染織 1960年代から今日まで」に出品


芸術学部の野田睦美准教授が出品します。また、3月30日(土)には講師としてワークショップを開催します。

京都の染織 1960年代から今日まで

期間:2019年3月8日(金)- 2019年4月14日(日)
   9:30 – 17:00(入館は16:30まで)
   金・土は9:30 – 20:00(入館は19:30まで)
休館日:毎週月曜日
場所:京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町26-1)
観覧料:一般1000円、大学生500円
主催:京都国立近代美術館・京都新聞

【展覧会趣旨】
 平安遷都がなされてから、1200年以上の歳月が流れた伝統ある京都において、京の染織家たちはその時々に合わせさまざまな工夫や新しい技術、意匠などを生み出してきた。それらは連綿と受け継がれ、技法や形態は変わろうと各時代に常に新しいものを追い求め、素晴らしい作品を創りだしてきた。
 京都国立近代美術館はこれまでに染織に着目して多くの展覧会を開催してきた。今回はその総集として、開館した1960年代から今日までの多様な染と織を28人の染織作家を紹介することで、京都の染織を概観するものである。

感覚をひらく
-手だけが知っている美術館 第2回 染織

期間:2019年3月30日(土)
   1回目:10:30 – 12:30
   2回目:14:30 – 16:30
会場:京都国立近代美術館
講師:野田睦美(作家・本展出品作家)
主催:新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業実行委員会

 

 

お問い合わせ先

広島市立大学事務局
企画室企画グループ
電話:082-830-1666
FAX:082-830-1656
E-mail:kikaku&m.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

トップへ戻る