English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

学部・大学院

コンピュータコース

コンピュータコース

「ナカミ」を学ぶ

ハードウェアとソフトウェアの基礎を学び、めまぐるしく変化する情報化社会の中で即戦力として活躍するための勉強をします。

パスワード照合回路をツールを用いて設計している様子

コンピュータはハードウェアと呼ばれるものとソフトウェアと呼ばれるものから作られています。ハードウェアとはコンピュータを構成する回路などを指します。このハードウェアが高速に動作することで人が計算すると何年もかかってしまう計算を一瞬で計算することができます。一方、ソフトウェアはハードウェアに対して指示を与える指令書です。このソフトウェアが賢くなることで、高い計算能力を持つハードウェアを効率的に使うことができます。これらのハードウェアとソフトウェアの両方がそろって、現在のような高度な情報化社会が実現できています。コンピュータコースではコンピュータを構成するハードウェアとソフトウェアについて深く勉強します。

研究紹介

エンジン動作を速く精確にシミュレート

自動車の周りの空気の動きをシミュレーションしている様子

自動車やそのエンジンの開発では、今日では主にコンピュータ・シミュレーションが行われます。昔は実際に自動車を試作しテストすることで、改良を繰り返していたのですが、その場合よりずっと費用を抑えて短期間でできるからです。しかしながら、そのためのシミュレーションは、たとえコンピュータであっても、上手にやらないと時間がかかったり多くの誤差が生じたりします。例えば、1秒間のエンジンの動作を一般的なパソコンでシミュレーションすると、2000秒以上かかることがあります。私たちの研究では、その1秒間の様子を10秒以下でシミュレーションするためのハードウェアとソフトウェアの研究をしています。

教員一覧

コンピュータコース
教員名 専門分野
教授(キャリアセンター長) 井上智生 ディペンダブルコンピューティング
准教授 市原英行 VLSI設計自動化
助教 岩垣 剛 ディジタルシステムの設計とテスト
教授 (副学長) 若林真一 論理設計
組合せ最適化
教授 永山 忍 論理設計
准教授 高橋隆一 プロセッサ設計技術
学習デザイン
講師 上土井陽子 分散コンピューティング
助教 稲木雅人 VLSI設計自動化
教授 弘中哲夫 計算機アーキテクチャ
講師 川端英之 システムソフトウェア
講師 谷川一哉 計算機アーキテクチャ
助教 児島 彰 システムソフトウェア
助教 窪田昌史 システムソフトウェア

トップへ戻る