English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

キャンパスライフ

市大生チャレンジ事業

市大生チャレンジ事業(旧:学生による社会貢献型自主プロジェクト事業)

【平成29年度 市大生チャレンジ事業採択状況一覧】

申請件数 8件
採択件数 4件(以下のとおり)

区分 申請者
(代表者)
実施学生 実施テーマ 実施計画 アドバイザー
(1) 情報科学研究科
 新井 敦士

19名
 (情報科学研究科10名)

(情報科学部9名)

市大生によるパソコンなんでも相談室2017 パソコンやその関連機器に関する初歩的な悩みや疑問点の解決を行いながら、大学で学んでいる情報科学に関する知識を市民や社会に還元するとともに、自身のコミュニケーション能力を向上させる。 情報科学研究科
小林教授
齊藤助教
脇田助教
(2) 情報科学部
 家平 和輝

7名

(情報科学研究科1名)
(情報科学部6名) 

広島の中学・高校生を対象としたプログラミング教室 広島の中学・高校生にコンピュータの仕組みやプログラミングについて知ってもらい、日本の将来を担う立派なIT技術者を教育することを目的とする。 情報科学研究科
 弘中教授
 井上准教授
 
(3) 国際学部
 角田 大河
4名
 (国際学部4名)
広島県の学生を対象としたビジネスコンテストの開催 広島県の学生を対象に、ビジネスコンテストの開催を行い広島県のイノベーションにおけるレベルを向上させ、地域創生に貢献することを目的とする。 国際学部
 李教授
(4) 情報科学部
 武内 亮
3名
(情報科学部2名)
 (芸術学部1名)
ヒロシマピースキャンプ2017

広島市市民局市民活動推進課と協働で、8月6日の平和記念日に来広する国内外からの来訪者に対して、無料の簡易キャンプサイトを提供する。キャンプサイト利用者や市民による核兵器廃絶や世界恒久平和の実現に向けた交流の場を創出する。

国際学部
 井上教授

お問い合わせ先

広島市立大学社会連携センター
 
電話(082)830-1764
FAX(082)830-1545
E-mail:office-shakai&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

トップへ戻る