English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

キャンパスライフ

ハラスメントの防止


ハラスメントは、学生及び職員その他の大学構成員の個人としての尊厳を侵害し、又は就学・就労・教育・研究の環境を害し、あるいはこれらの権利を侵害するものであり、決して許容されるものではありません。

広島市立大学はハラスメントを許しません。すべての大学構成員が、安心して就学・就労等ができるよう、ハラスメントの根絶に全力を挙げて取り組みます。

広島市立大学ハラスメント根絶宣言(PDF)

ハラスメント防止及び対応ガイドライン(PDF)

ハラスメントのないキャンパス(防止啓発リーフレット)(PDF)

ハラスメントって何ですか

  1. ○ハラスメントは、安全で適切な環境の下で就学・就労することを阻害する行為です。
  2. ○ハラスメントは、被害にあった個人に、心身の不調や不本意な進路変更などの深刻な影響を与えます。周囲の人が信じられなくなったり、その結果、休学(休職)や退学(退職)につながることもあります。
  3. ○ハラスメントには、さまざまな態様があり、典型的な例として、次のような場合が想定されます。
  1. ■セクシュアル・ハラスメント 他の者を不快にさせる性的な言動
  2. ■アカデミック・ハラスメント 教職員がその職務上の地位又は権限を不当に利用して他の教職員又は学生に対して行う研究若しくは教育上又は就学上の不適切な言動
  3. ■パワー・ハラスメント 教職員が職務上の地位又は権限を不当に利用して他の教職員に対して行う就労上の不適切な言動

ハラスメントをなくすためには、どうしたらよいですか

ハラスメントをなくすためには、大学に関わるすべての人々が、お互いの人格を尊重し、快適な環境で就学・就労が行えるように、ハラスメントを正しく理解し、他人が嫌がる行為をしない・させないことが大切です。

ハラスメントを受けたと感じたときは、どうしたらよいですか

  1. ●嫌なことは、相手に対してはっきりと意思表示しましょう。
    相手が目上の人や上級生であっても嫌なことは勇気を持って拒否しましょう。自分の意思をはっきりと相手に伝えることが大切です。
  2. ●すぐに誰かに相談しましょう。
    自分一人で言えないときには、相談員や身近な信頼できる人に相談しましょう。
  3. ●自分の周囲でハラスメントにあっている人がいたら勇気をもって助けてあげましょう。
    相談に乗ってあげたり、被害者の証人になったり、相談員のところへ同行してあげましょう。

相談窓口

大学では、ハラスメントに関する相談に応じるため、ハラスメント相談室を設置し、各部局・研究科、および事務局において相談員を複数配置しています。ハラスメントについて相談したいことがある人は、所属する学部学科にかかわりなく、どの相談員に相談しても結構です。また、メールによる相談も受け付けています。自分一人で相談に行きにくい時には親しい友人などに付き添いや代理をしてもらっても構いません。相談員は、相談者の名誉やプライバシーを最大限尊重します。
特定のハラスメント相談員へは相談しづらい場合とか、ちょっとした疑問、あるいは卒業生からの相談など、ハラスメント相談専用メールで相談することもできます。

ハラスメント相談員一覧へ(学内限定情報)

ハラスメント相談専用メールアドレス

ハラスメント相談Q&A


ハラスメントの解決プロセス(概要)

1 調整

「調整」とは、ハラスメントの問題に応じて、それ以上被害を受けないようにするため、ハラスメント相談室長等が、関係する部局長等と連携などをして、教育環境や職場環境、人間関係の改善を行うことです。「調整」に当たっては、相談者(被害者)の意向を汲みながら行います。なお、相談者(被害者)が訴える被害に着目し、その被害を迅速に改善することが大きな目的のため、必ずしも、ハラスメントに当たるかどうかの厳密な調査や判断は必要としません。

2 調査

加害者に対して制裁的な措置を行う場合や、懲戒処分が必要な場合は、事実関係を厳密に調査した上で行う必要があります。調査は、事案ごとに「ハラスメント調査委員会」を設置して行います。調査結果は、理事長・学長へ報告され、ハラスメント防止委員会での審議等を経て、加害者に対する調整措置や懲戒処分、また、被害者に対する救済措置などを決定していきます。

3 懲戒処分

ハラスメントの問題が生じた場合、事案の悪質性などに応じて、懲戒処分を行います。被害者が懲戒処分を望まない場合もありますが、責任を問う上で、また、大学における規律を確保する上で、必要に応じて、懲戒処分でもって厳正に対処します。なお、学生に対して懲戒処分を行うこともあり得ます。


広島市立大学のハラスメント防止体制

1 理事長(学長)

理事長(学長)は、就学・就労・教育・研究環境の改善や緊急避難措置の実施、調査委員会の設置や懲戒処分の実施など、本学のハラスメント対策全般について、最終的な責任と権限を有しています。

2 各部局の長

各学部長等(研究科長や広島平和研究所長を含む。)及び事務局長は、所管部局におけるハラスメントの防止、および発生したときに適切に対処することの責任を有しています。

3 ハラスメント相談室

ハラスメント相談員で構成し、構成員からのハラスメントに関する相談に当たります。また、相談マニュアルの改善や相談員研修の実施、相談事例などの共有などを通じて、相談員のスキルアップなどを行います。ハラスメント相談室長は、必要があると判断したときは、理事長(学長)へハラスメント防止委員会の開催やハラスメント調査委員会の設置について上申します。

4 ハラスメント防止委員会

常設の委員会としてハラスメントの防止対策を所掌するほか、必要に応じて、調査委員会の設置、ハラスメントの問題が発生した場合の解決に向けた対応、被害者に対する救済措置などについて審議します。

5 ハラスメント調査員会

ハラスメントの事案ごとに設置し、ハラスメントの事実関係を中心として、調査を行い、理事長(学長)へ報告します。

お問い合わせ先

広島市立大学事務局
総務室総務グループ
電話(082)830-1500
FAX(082)830-1656
E-mail:shomu&m.hiroshima-cu.ac.jp
(E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

[ Adobe Acrobat Reader ダウンロード ]

トップへ戻る