English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

大学紹介

小森 宥羽さん

芸術学部 美術学科 彫刻専攻 4年 小森 宥羽さん

芸術学部 美術学科 彫刻専攻 4年 小森 宥羽さん
(大学案内2020「Voices」掲載)

「多彩な素材の魅力を追求し、多くの出会いと経験からヒントを得て、表現の幅を広げたい。」

現代美術が好きで、古典的な彫刻表現というよりはいろいろな素材を使って新しい表現を追求するのを楽しんでいます。展示する際の空間演出のために、映像も手がけるようになりました。広島市立大学に入学した理由の一つが充実した留学制度なのですが、表現の幅を広げるためにも、人として視野を広げるためにも、今のうちに海外に出て、美術に限らず広い世界を見るべきだと思い、9月から1年間ドイツに留学することを決意。一度旅行で訪れたことがあるのですが、ドイツは芸術に寛容で、国中に芸術があふれているところに魅了されました。彫刻専攻はさまざまなプロジェクトに参加できるのが魅力。1年は瀬戸内国際芸術祭、2年と3年は対馬アートファンタジアに携わり、野外での作品設置や展覧会をつくり上げる過程など技術以外の面も大いに学ぶことができ、大変勉強になりました。やはり人と関わり人から吸収するものは多いですね。作品を創る際も、自分が何を目指しているのかなど考えを周りにオープンに話し、どんどん意見を求めることで、自分も作品も成長できるのではないかと思います。

トップへ戻る