English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

大学紹介

広島市立大学塾

 2021年4月1日から、4期生(原則、2021年5月から2022年1月までの全プログラムに参加を希望する学生)の募集を開始します。応募を希望する方は、下記の応募方法等を御参照の上、応募してください。
 自ら考え、判断し、行動する力を養いたいという意欲ある学生の応募をお待ちしています。
 なお、先着順により個別のプログラムにのみ参加することも可能です(お申し込み・お問い合わせは下記の事務局企画室企画グループまで)。

 第4期プログラム(予定)は次のとおりです。


1 「広島市立市大塾(通称「市大塾」)」とは
2 塾長、副塾長メッセージ
3 OB・OGメッセージ
4 教育プログラムについて
 ・ 学内プログラム
 ・ 視察体験プログラム
 ・ 自主プログラム
5 これまでの活動紹介
6 応募方法等

1 「広島市立大学塾(略称「市大塾」)」とは

 社会における自らの役割を認識した新しい時代を担うリーダーを育成することを目指し、2017年10月に創設した本学独自の課外教育プログラムです。広く塾生を募集し、多様な教育プログラムを実施します。学部・学年を越えた本音のディスカッションやさまざまな体験を通して、授業では得られない、自ら考え、判断し、行動する力を養います。
 塾生には、社会をより広く、より深く考察しようとすることで、自らの役割や目標など自分自身が見えてくることを期待します。

注:授業科目ではないので単位は出ません。

2 塾長・副塾長のメッセージ

塾長 若林 真一 学長(情報科学研究科)

 市大塾は大学の正課、つまり正規科目ではありません。単位も出ません。しかしながら、正課では学ぶことが難しいこと、例えばリーダであるとはどういうことかを学ぶこと、知識ではなく良く生きるための知恵を身に付けること、社会の中で、あるいは歴史の中で人が生きるとはどういうことかを考えること。市大塾はそういったことを学び、考える場だと私は考えています。

副塾長 青木 信之 教授(国際学部)

 自分の能力を伸ばすことに努力し、社会の中でその能力をどう使うかを考える、また自分の考えや行動の基準とするものを作り上げる、そして、それらのことについて同世代の人たちや教師と対話をしながら考えていく、これが市大塾の主題です。

3 OB・OGのメッセージ

 ・ 3期生 田中 太一郎(国際学部)

   市大塾は広島市立大学の強みです。教授との距離の近さと多様な学部との交流を最大限に生かした学習の場です。ディスカッションやフィールドワークなど五感を生かしながら関心の輪を広げ、大学の授業だけでは学べないことを学ぶことができます。ここでは、主体的になればなるほど自分が変わっていくことが実感できるはずです。ぜひ市大塾に参加して自分の成長を楽しんでください。

 ・ 2期生 池田 千夏(国際学部)

   市大塾は私の大学生活を大きく変えました。一番の恩恵は「出会い」です。その一つは、広島平和記念資料館を見学した時に、展示品清掃ボランティアに誘っていただいたことです。その活動で資料館学芸員の方と知り合い、その関係は現在も続いています。出会いの場、そこで学芸員の方に声を掛ける勇気をくれたのが市大塾です。この出会いがこれからどう発展するか楽しみです。市大塾は、あなたの大学生活、人生を変えるかもしれません

4 教育プログラムについて

 ・ 学内プログラム

   塾長、副塾長、さまざまな分野のゲスト講師による講義・講話やディスカッションの他、学外研修の打ち合わせなどの定期プログラムを、附属図書館1階の塾生室で行います。
   また、定期プログラムのない水曜日に映画鑑賞会を計画しています。塾生、教員が、これはという映画、ドキュメンタリーなどを選び、推薦者による紹介、観賞、意見交換などを行います。

  注:参加者の授業履修を考慮して開始時間を調整します。

 ・ 視察体験プログラム

   現場に足を運び、五感を通して考えることを目的に、休日、夏季休業期間等を活用して、史跡の視察や施設等の訪問、ボランティア活動などを行います。

 ・ 自主プログラム

   塾生は、興味・関心のあるテーマを設定し、視察・体験、ヒアリング等を自主プログラムとして企画・実施することができます。
   企画書を作成し、塾長の承認を得て実施します。また、実施報告としてレポートを提出します。5万円を限度に、必要経費の半額を補助します。
   例)神戸、福島、熊本等の被災地を訪ね、復興状況の視察やヒアリングを行い、自然災害について考察する、NPOで1週間のインターシップを経験する、沖縄の大学生に基地問題のヒアリングを行い、安全保障について考察する など

5 これまでの活動紹介

6 応募方法等

 ・ 募集期間

   2021年4月1日 木曜日 から 4月28日 水曜日

 ・ 対象及び募集人員

   本学学部生 10名程度

 ・ 応募方法

   応募用紙に必要事項(氏名、学部学年、連絡先、自己紹介、志望動機等)を記入し、電子メールで所定のアドレスに送信、または事務局企画室企画グループに提出してください。

 ・ 塾生の決定

   書類選考、面接審査により決定します。合格者には、別途、通知します。

お問い合わせ先

広島市立大学事務局企画室企画グループ
電話:082-830-1666
FAX:082-830-1656
E-mail:kikaku&m.hiroshima-cu.ac.jp
(E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

 

[ Adobe Acrobat Reader ダウンロード ]

トップへ戻る