広島平和研究所

ヒロシマ平和セミナー2019

「ヒロシマ平和セミナー2019」

 

広島平和研究所では、下記のとおり「ヒロシマ平和セミナー2019」を開催しました。

     

日時:2019年10月5日(土)13:30~15:10

会場:広島市立大学サテライトキャンパス セミナールーム
   (広島市中区大手町4―1―1 大手町平和ビル9階)


講演 I 「アジアの大気・水質汚染―人間の安全保障の確保に向けて」 

  
【講演者】広島市立大学広島平和研究所教授 沖村 理史(オキムラ タダシ)
  

【講演の概要】

1990年代以降、人間の生存に対する脅威から個人を守るという人間の安全保障概念が国際社会で定着化してきている。本報告では、人間の安全保障を確保するための要素の一つである環境汚染に注目したい。果たして、アジアにおける大気汚染、水質汚染はどの程度深刻なのか。他地域との比較を通じてアジアの現状を簡単に紹介したい。




講演 II 「日中関係の正常な軌道とは何か?」 


【講演者】 広島市立大学広島平和研究所准教授 徐 顕芬(ジョ ケンフン)
 

【講演の概要】

2019年6月27日夜、安倍晋三首相と中国の習近平国家主席は大阪市内で会談し、日中関係が「正常な軌道に戻った」ことを確認した。いったい、日中関係の「正常な軌道」とはどういうことなのか。それはどのように提起されてきたのか、何がどこに戻ったのか、素朴な疑問が湧く。戦後70年間の日中関係、特に1972年日中国交正常化後の日中関係の推移を辿り、その答えを探ってみたい。そのうえで、今日の日中両国および東アジア地域が直面する課題と今後の行方を論じる。