情報科学部の学生が「セキュリティ・キャンプ全国大会」に選抜されました

情報科学部情報工学科3年の家平和輝さんと大平修慈さん、および同2年の田邊優人さんが、2017年8月14日(月)から18日(金)にかけて東京都の「クロス・ウェーブ府中」で開催される「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者に選抜されました。

なお、家平さんと田邊さんは、本学のプログラミング同好会のメンバーでもあります。

 

セキュリティ・キャンプは、ITに対する意識の高い22歳以下の若者に対し、サイバーセキュリティおよびプログラミングに関する高度な教育を実施することで、将来の高度IT人材となり得る優れた人材の発掘と育成を行うことを目的として、2004年度より毎年開催されており、セキュリティ業界にとどまらず、各方面から、高度なIT人材育成の有益なイベントとして認知されています。

今回は全国から約310名の応募があり、約80名が選抜されています。

また、セキュリティ・キャンプ全国大会2017では、情報科学研究科の井上博之准教授が講師として参加することになっています。

 

なお、8月26日(土)に「セキュリティコンテスト SECCON Beginners 2017 広島」が、そして10月27日(金)から29日(日)の3日間に「セキュリティ・ミニキャンプ 広島」が開催される予定です。

本学のプログラミング同好会や井上准教授もこれらのイベント運営に協力しており、広島市域での情報セキュリティの普及に貢献しています。

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

広島市立大学事務局
企画室企画グループ
電話:(082)830-1666
FAX:(082)830-1656
E-mail:kikaku&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付するときは、&を@に置き換えて利用してください。)

 

ページの先頭へ戻る