【学内向け】「広島市立大学塾」の第1期生を募集します

広島市立大学では、広く社会を見つめ、知識を習得し、感性、教養を培い、また体験することを通じて、自ら考え、判断し、行動する力を養い、社会における自らの役割を認識した新しい時代を担うリーダーの育成を目指し、実験的教育プログラムとして「広島市立大学塾」を平成29年10月に開講します。
「広島市立大学塾」の第1期生を平成29年6月5日(月)から学内で募集しています。詳しくは附属図書館・学生支援室等で配布している募集パンフレットをご覧ください。

 

1 第1期生の募集
(1)募集対象及び募集人員
 募集対象 広島市立大学の学部1年生および学部2年生
 募集人員 約15名
(2)募集期間
 平成29年6月5日(月)〜平成29年6月23日(金)
 ※6月9日(金)、14日(水)の5時限に講堂小ホールで説明会を開催します。
(3)提出書類
○応募申請書(専用の応募用紙に必要事項を記入して提出してください。)
○志望動機(A4サイズの用紙に、「市大塾」への期待、大学時代にやりたいこと、興味関心のあることなど、あなたが応募する動機となった理由を記載して提出してください。)
○提出先:附属図書館カウンター


2 広島市立大学塾の概要
(1)プログラムの内容

<定期プログラム>
原則として、毎週水曜日6時限(18:00〜19:30)に開講。
身近なテーマについて、やさしく、しかし深く、そしてできれば楽しく考える場となることを目指して、塾長、副塾長、ゲストによる講義・講話や関連図書・映像等の紹介、ディスカッションなどを行います。特に、行政やNGOの現場で活躍する職員などをゲストに、社会のさまざまな問題について考えるプログラムを計画しています。
<視察体験プログラム>
定期プログラム前半の総括として、春季休業期間に、沖縄研修プログラム、伝統文化鑑賞プログラムを実施する予定です。また、1年間の集大成として、塾生は自らの学びを総括する視察体験プログラムを各自企画し、夏季休業期間に実施する予定です。
(2)塾の期間
平成29年10月から平成30年9月末まで


【お問い合わせ】
附属図書館カウンター、またはメールで副塾長塩田特任教授(shiota&office.hiroshima-cu.ac.jp)まで

  (※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

 

 

 

ページの先頭へ戻る