チタン合金の強度を左右する添加レアメタル近傍の原子移動モデルを解明

チタン合金の高強度化とコストダウンに資する新たな知見

 

情報科学研究科の八方直久准教授は、宇都宮大学、名古屋工業大学、熊本大学及び公益財団法人高輝度光科学研究センターとの共同研究により、チタン合金を製造する際に添加されるレアメタル近傍の原子移動モデルを解明し、チタン合金の更なる高強度化とコストダウンに資する合金設計の新たな指針となる知見を得ました。研究内容については、平成29年4月28日(金)に、金属材料学で最も権威のある雑誌「Acta Materialia」にオンライン掲載されました。
本研究において、八方准教授は、蛍光X線ホログラフィーの測定及びデータ解析(原子配列の分析)の支援を行っています。
研究内容や蛍光X線ホログラフィーの詳細は、プレスリリース資料(PDF:1.17MB)PDFをご覧ください。

 

【発表のポイント】

 

【書誌情報】

 

 

 お問い合わせ先

広島市立大学事務局
企画室企画グループ
電話:(082)830-1666
FAX:(082)830-1656
E-mail:kikaku&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

 

ページの先頭へ戻る