韓国・慶北国立大学から20名の学生が来学しました

大寒波の中 韓国 慶北国立大学から20名の学生が来広しました

 

広島市の姉妹都市の韓国・大邱広域市にある慶北国立大学の日本語日文学科の学生20人が、日本語、日本の社会、文化や平和などを学ぶため、1月16日から1週間来学しました。
広島に大雪を降らせた寒波の中、ホームステイ先から公共交通機関を使って通学し、1時限から日本語や日本文化史、平和関連などの授業に積極的に参加しました。
また、市大生と日韓に共通するテーマでディスカッションを行うなど学生交流も楽しみました。参加した学生からは「専門用語が多くもっと日本語を勉強しなければならない」、「日本の大学の授業に初めて参加できて良かった」といった感想があり、貴重な体験となったようです。
翌週からは企業見学、平和記念資料館見学や被爆体験講話の受講等の平和学習、宮島などの観光、地域住民との文化交流などを行いました。
広島滞在中の2週間はホームステイを通してホストファミリーとの親交を深め、再会を約束していました。

 

 

 

お問い合わせ先

国際交流推進センター(事務局本部棟1階)

TEL:082-830-1784

E-mail:iepc&office.hiroshima-cu.ac.jp

(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。) 

 

ページの先頭へ戻る