情報科学研究科(博士後期課程)
情報科学専攻 知能情報科学系

人間の知的活動の原理を解明し、
情報処理の高度知能化や人間とコンピュータの協調を目指す

教育研究内容

●知能ソフトウェア

人間や生物、さらに文字や数値からなる大量のデータやコンテンツに学び、人にやさしく知的で高度な情報システムないしその要素技術の研究開発を行います。人工知能やヒトの感性を扱う「知識・感性工学」、大量のデータやコンテンツからの知識発見やデータベースを高度化する技術を扱う「データ工学」、生物進化に基づく進化的計算や脳神経系に基づくニューラルネットワークなどを扱う「知能システム」の3つの専門分野からなります。

●知能メディア

人間の知的なコミュニケーション行為において情報のやり取りに必須となる画像、映像、音声、テキストなどのメディア情報処理技術とその理論の研究開発を行います。人間とコンピュータ間の自然で高度なコミュニケーションの実現を目指す「ビジュアルコンピューティング」と「自然言語コミュニケーション」、さまざまなメディアにおける知識獲得や規則性の機械学習に関する理論と応用を目指す「知的メディア工学」と「パターン認識」の4つの専門分野からなります。

●知能サイエンス

 

ページの先頭へ戻る

教員一覧

系・研究指導単位 担当内容 担当教員
知能ソフトウェア 教育支援システム及び感性工学における学習理論 教 授:松原 行宏*
教育・学習システムにおける知識表現モデルと知識獲得 准教授:岩根 典之
グラフ理論に基づくデータベースからの知識発見システム 准教授:内田 智之
知識発見における機械学習手法とグラフ理論の応用 准教授:宮原 哲浩
多次元データベースとその応用 准教授:黒木 進
並列コンピューティングとそのデータ工学への応用 准教授:田村 慶一
知能メディア パターン情報に対する知識処理と機械学習 教 授:高橋 健一*
音声言語情報処理と自然言語処理 教 授:竹澤 寿幸*
メディアとしての画像の処理と提示 教 授:日浦 慎作*
情報アクセスと言語処理 准教授:難波 英嗣
コンピュータグラフィックスのための画像理解 准教授:宮 大輔
画像による3次元データモデリング 准教授:古川 亮
高精細コンピュータグラフィックス 講 師:馬場 雅志
知能サイエンス 知的システムにおける知識表現と学習機構 教 授:高濱 徹行*
確率的情報処理と情報統計力学 教 授:三村 和史*
生物的適応システムのモデル化とその工学的応用 准教授:原 章
ソフトコンピューティングに基づく最適化手法 講 師:串田 淳一
時系列データ解析へのノンパラメトリックベイズ解析の応用 准教授:末松 伸朗
学習機械の確率的特性解析 准教授:岩田 一貴

授業科目の概要および担当教員については、平成28年4月1日現在のものです。(*:主指導教員)

 

ページの先頭へ戻る