造形計画専攻

芸術学研究科造形芸術専攻(博士前期課程)
造形計画研究

「高次元の生活文化の創造」を基盤に新たな原型を創出

教育研究内容

デザイン並びに工芸の使命である「高次元の生活文化の創造」を基盤に据え、永年わが国に培われてきた独自の美意識の存在を探求するとともに、デザイン、工芸の各専門領域を深く掘り下げ、また両領域にまたがる課題への総合的な視点に立った新たな原型の創出を目的として、より高度な専門分野での造形研究を行います。教育課程の編成にあたっては、多様化、多角化する生活文化や社会環境を構成する造形のあり方をデザイン、工芸両分野の総合的な視点から考察することに狙いを定め、生活社会を取り巻く造形分野にまたがる諸問題、諸課題への理解と認識を深めるとともに、各造形領域における新たな造形表現の創出と具現化に向けた指導に留意します。そのため、分野の異なった複数の指導教員の指導を受けることも可能な科目編成を行い、従来の固定したデザイン、工芸の分野、領域に拘泥しない新たな造形教育、造形研究を目指します。

ページの先頭へ戻る

教員一覧

研究室 教員
視覚造形

教 授:及川 久男
講 師:中村 圭

立体造形

教 授:吉田 幸弘
講 師:藤江 竜太郎

映像メディア造形

教 授:笠原 浩
講 師:有持 旭

金属造形

教 授:南 昌伸 
教 授:永見 文人

染織造形

教 授:倉内 啓
講 師:野田 睦美

漆 造形 准教授:大塚 智嗣

  • 講義内容(授業内容)
  • 教員総覧(研究内容)
  • ページの先頭へ戻る