絵画専攻

芸術学研究科造形芸術専攻(博士前期課程)
絵画研究

古典作品の研究を通して、個性的な創作力を育成

教育研究内容

絵画専攻では、日本画と油絵に関する教育・研究を行います。
日本画では、古典作品の表現、技法及び材料の理解と造形感覚を修得させ、各自の現代における個性的な創作力の育成を図ります。教育課程の編成にあたっては、各人の個性的な創作力の育成を主体とした課程と、創作力の育成並びに古典模写を通して技法や材料の研究を深める課程の二本立てとし、多角的な指導を行います。
油絵では、油彩の技法及び材料の理解と実践による造形感覚を修得するとともに、西洋画の絵画構造や理論について研究し、各自の個性的な創作力の育成を図る。教育課程の編成にあたっては、西洋絵画の造形のあり方と各人の個性的な創作力の育成をする課程と、版画造形を含む現代における西洋絵画造形技法や材料の研究を深め個性的な創作力の育成をする2課程により編成し、多角的な研究指導に配慮します。

ページの先頭へ戻る

教員一覧

研究室 教員
日本画A・B 教 授:藁谷 実
准教授:今村 雅弘
准教授:前田 力
准教授:荒木 亨子
油絵A・B

教 授:大矢 英雄
准教授:森永 昌司
准教授:諏訪 敦

准教授:志水 児王
講 師:釣谷 幸輝
講 師:佐藤 尉隆

 

ページの先頭へ戻る