English

広島市立大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

English

資料請求

交通アクセス

学部・大学院

平和学研究科 進学説明会 2019

この度、広島市立大学大学院平和学研究科では、公開講座と進学説明会を開催します。
下記の案内をご高覧のうえ、ぜひ、ご参加ください。

 開催案内←こちらをクリックしてご覧ください

≪広島市立大学大学院 平和学研究科 公開講座・進学説明会≫
日時:2019年10月5日(土)13:30~17:00
会場:広島市立大学サテライトキャンパス セミナールーム 
広島市中区大手町4-1-1 大手町平和ビル9階  [地図はこちら]
参加費:無料

プログラム:
13:30~15:10 公開講座「ヒロシマ平和セミナー2019」(講演I・講演II)
15:30~17:00 進学説明会 / 全体説明会 ・教員による個別相談(希望者のみ)


講演Ⅰ 「北東アジアの信頼関係の構築――北朝鮮の非核化への道
      孫 賢鎮 (ソン ヒョンジン) 広島市立大学平和学研究科准教授

 

〔講演の概要〕
 北朝鮮の核開発問題をめぐり、世界情勢は変動を続けている。2度目の米朝首脳会談、3回の南北首脳会談が行われたが、米朝間の非核化プロセスに対する根本的な相互利害が合わず、具体的な実行に取りかかるには時間がかかるようである。北朝鮮の完全な非核化、並びに朝鮮半島の持続的で強固な平和体制の構築のための包括的な合意も重要であろう。しかし、最も重要な課題は、米朝を含む関係国間の信頼回復にある。今後、関係国間において相互信頼関係を回復するためにはどのような姿勢が必要であるか検討してみたい。


講演Ⅱ 「日中関係の正常な軌道とは何か?」
      徐 顕芬 (ジョ ケンフン)  広島市立大学平和学研究科准教授

 


〔講演の概要〕
 2019年6月27日夜、安倍晋三首相と中国の習近平国家主席は大阪市内で会談し、日中関係が「正常な軌道に戻った」ことを確認した。いったい、日中関係の「正常な軌道」とはどういうことなのか。
「正常な軌道に戻った」とは、どのように提起されてきたのか。それまでの日中関係の「不正常な軌道」とはどういうものだったか。「戻った」とは、どこに戻ったのか。戦後70年間の日中関係、特に1972年日中国交正常化後の日中関係の推移を辿り、その答えを探ってみたい。そのうえで、今日の日中両国および東アジア地域が直面する課題と今後の行方を論じる。


進学説明会 / 全体説明会 ・教員による個別相談(希望者のみ)15:30~17:00
・平和学研究科の教員が、概要・研究科の特色等を説明します。
・希望者へは、教育、研究、入試等について、教員が個別に質問や相談に応じます。

申込方法

氏名フリガナ・電話番号/FAX/Eメールアドレス・参加区分([セミナーと進学説明会に参加]、[セミナーのみ参加]、[進学説明会のみ参加]、のいずれか)を記入の上、FAXまたはEメールにてお申込みください。
 申込締切  2019年10月2日(水)

※講演会については、会場の都合上、先着60名とさせていただきます。
 申込多数の場合は、進学説明会に参加される方を優先させていただきますので、ご了承ください。

開催場所

広島市立大学サテライトキャンパス セミナールーム
(広島市中区大手町4‐1‐1 大手町平和ビル9階)

広島市中区大手町4‐1‐1

 

お申込み・お問い合わせ先

広島市立大学広島平和研究所事務室
電話:082-830-1811
FAX:082-830-1812
E-mail:office-peace&m.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

[ Adobe Acrobat Reader ダウンロード ]

トップへ戻る