ハラスメントの防止

ハラスメントって何ですか

  1. ハラスメントは、安全で適切な環境の下で就学・就労することを阻害する行為です。
  2. ハラスメントは、被害にあった個人に、心身の不調や不本意な進路変更などの深刻な影響を与えます。周囲の人が信じられなくなったり、その結果、休学(休職)や退学(退職)につながることもあります。
  3. ハラスメントには、さまざまな態様があり、典型的な例として、次のような場合が想定されます。
  1. セクシュアル・ハラスメント 他の者を不快にさせる性的な言動
  2. アカデミック・ハラスメント 教職員がその職務上の地位又は権限を不当に利用して他の教職員又は学生に対して行う研究若しくは教育上又は就学上の不適切な言動
  3. パワー・ハラスメント 教職員が職務上の地位又は権限を不当に利用して他の教職員に対して行う就労上の不適切な言動
ページの先頭へ戻る

ハラスメントをなくすためには、どうしたらよいですか

ハラスメントをなくすためには、大学に関わるすべての人々が、お互いの人格を尊重し、快適な環境で就学・就労が行えるように、ハラスメントを正しく理解し、他人が嫌がる行為をしない・させないことが大切です。

ページの先頭へ戻る

ハラスメントを受けたと感じたときは、どうしたらよいですか

  1. 嫌なことは、相手に対してはっきりと意思表示しましょう。
    相手が目上の人や上級生であっても嫌なことは勇気を持って拒否しましょう。自分の意思をはっきりと相手に伝えることが大切です。
  2. すぐに誰かに相談しましょう。
    自分一人で言えないときには、相談員や身近な信頼できる人に相談しましょう。
  3. 自分の周囲でハラスメントにあっている人がいたら勇気をもって助けてあげましょう。
    相談に乗ってあげたり、被害者の証人になったり、相談員のところへ同行してあげましょう。
ページの先頭へ戻る

相談窓口

ハラスメント相談員

相談員一覧へ(学内限定情報)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

広島市立大学事務局
総務室総務グループ
電話(082)830-1500
FAX(082)830-1656
E-mail:shomu&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

 

ページの先頭へ戻る