授業料

授業料の納付

【学生・大学院生】

授業料は、前期にあっては4月30日までに、後期にあっては10月31日までに、振込依頼書により広島市立大学指定の金融機関に納付してください。
振込依頼書は、年度初めに前期分、後期分及び通年分を合わせて送付します。なお、前期分の授業料納付の際に後期分も合わせて納付する場合は、通年分の振込依頼書を使用してください。

区分 授業料
学生・大学院生 前期 267,900円
後期 267,900円
年額 535,800円
【研究生】

研究生の授業料は、一つの研究期間について、その最初の月から6か月の期間ごとに、当該期間に属する研究期間の月数分(研究期間が6か月未満のときはその期間分)を、当該期間の最初の月の末日までに、振込依頼書により広島市立大学指定の金融機関に納付してください。

区分 授業料
研究生 月額 29,700円
【科目等履修生】

科目等履修生の授業料は、履修を許可された単位数に1単位あたりの授業料を乗じて得た額の授業料を、前期にあっては4月30日までに、後期にあっては10月31日までに、振込依頼書により広島市立大学指定の金融機関に納付してください。

区分 授業料
科目等履修生 1単位につき 14,800円

※納付期限が金融機関の休日等にあたるときは、その翌日が納付期限になります。
なお、納付期限までに納付しない場合は、督促することがあります。また、督促後も未納の場合は除籍になる場合があるので、期限を守って納付してください。

以上の点について、ご不明な点がありましたら下記まで連絡してください。
《事務局学生支援室》
TEL:082-830-1522(直通) FAX:082-830-1529(直通)
E-mail:gakusei&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

ページの先頭へ戻る

授業料の減免

経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業成績優秀と認められる学生、大学院生は、前期・後期ごとにその納付期限前に授業料減免申請書を提出して、授業料の減免を受けることができます。
授業料の減免申請書の提出等については、学期初めに掲示等により通知します。

以上の点について、ご不明な点がありましたら下記まで連絡してください。
《事務局学生支援室》
TEL:082-830-1522(直通) FAX:082-830-1529(直通)
E-mail:gakusei&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

ページの先頭へ戻る

授業料の徴収猶予

経済的理由等により納付期限までに授業料の納付が困難な場合には、前期・後期ごとにその納付期限前に授業料徴収猶予申請書を提出して、授業料の納付の猶予を受けることができます。
授業料の徴収猶予申請書の提出等については、学期初めに掲示等により通知します。

以上の点について、ご不明な点がありましたら下記まで連絡してください。
《事務局学生支援室》
TEL:082-830-1522(直通) FAX:082-830-1529(直通)
E-mail:gakusei&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

広島市立大学事務局
学生支援室学生支援グループ
電話(082)830-1522
FAX(082)830-1529
E-mail:gakusei&office.hiroshima-cu.ac.jp
(※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。)

 

ページの先頭へ戻る